キービジュアル

神経が死に、茶褐色に変色した歯を、ホワイトニング・オールセラミッククラウンで改善

治療前 治療後

神経をとって変色した歯をきれいにしたいとのことで来院されました。

上顎の真ん中2本の前歯の神経を数年前にとって歯の色が変色してきたケースです。左側はすでに仮歯が入っています。このケースは歯周病に問題がなく、非常に美しく修復できました。まず、ホワイトニングを行い色の調整を行いました。

3.かなり白くなりました。

その後、歯を削って仮の歯を入れて、最終的にはオールセラミック冠にて審美的に回復しました。

4.歯周病に問題がなかったので歯をけずって型取りします。そして色合わせです。5.仮歯を用いて形や色を調整しました

神経をとってから時間がたつとともに歯の色は変色してきます。同時に歯の質も脆くなるので歯の破折も心配になります。歯の変色はやり直しの一つのサインだと思って修復されるのがよろしいでしょう。

 

治療期間 6カ月(全顎的に治療、他の歯の根管治療と審美修復、ホワイトニングも含む)
治療回数 31回

 

料金表

費用に関しては料金表をご参照ください。

症例集

当院で治療した症例をご紹介します。詳細は症例集をご参照ください。

無料相談インターネット予約