キービジュアル

歯並び改善法

歯並びを改善するには、「矯正歯科」を思い浮かべると思います。
しかし実は、「審美歯科」でも歯並びを改善することが可能です。
簡単に「矯正歯科」と「審美歯科」による歯並び改善治療の違いをご紹介します。

  矯正歯科 審美歯科
費用 70万〜90万 1歯につき約10万円前後
治療期間 2〜3年 2〜3回の来院
治療法 歯を動かす かぶせ物で歯のバランスを整える
適応症例 すべて 症例が限られる

矯正治療では「すべての症例に対応」できることが特徴的です。
しかし、「治療費が高い・治療期間が長い」という特徴もあります。

審美歯科治療では「治療できる症例が限定」されますが、「治療費・治療期間」においては矯正治療よりもメリットがある部分です。

また、後述しますが、症例によっては審美歯科治療と矯正歯科治療の併用も行っております。それぞれのメリットを利用できるため相乗効果が期待できます。

「歯並び改善」治療をご紹介

case1

ドクターからのコメント

向かって左の前歯の神経が死んでしまい変色しています。また、すきっ歯の症状も見られます。セラミック素材のかぶせ物を用いて審美面とすきっ歯の改善を行い、歯肉のバランスも治療の過程で改善されています。

case2

ドクターからのコメント

歯並びが悪いことでお口全体の咬み合わせが悪くなっています。全体の咬みあわせを考慮しながら、「セラミッククラウン法」というセラミック素材のかぶせ物を使い、審美面と歯並び、そしてお口全体の機能性が回復されています。

case3

ドクターからのコメント

前歯の重なり、隣の歯とのバランスが気になっていたケースで、セラミッククラウン法(セラミックのかぶせ物を利用)により、改善されました。

セラミックには複数の種類があります。
詳しくはこちらをご参照ください。

セラミックの種類・料金

審美歯科治療」と「部分矯正治療」併用によるワンランク上の治療

先ほど「審美歯科治療」と「矯正歯科治療」の違いをご説明しましたが、この2つを併用することで双方のメリットを活用した治療が可能になります。
つまり、対応症例の幅が広がり、治療期間を短く、コストを抑えることが可能となるのです。

当院では日本矯正歯科学会認定の矯正認定医ドクターが在籍しておりますので、このような柔軟な治療が可能になっております。

case

ドクターからのコメント

お口全体の変色(特に前歯)と八重歯、そして奥歯の銀歯の改善を求め来院されました。セラミックを用いた審美歯科治療とホワイトニングそして部分矯正(八重歯部分)の複合治療を実施しました。同時に「咬み合わせ」の調整を行いましたので、機能性の回復も実現させています。

料金表

費用に関しては料金表をご参照ください。

症例集

当院で治療した症例をご紹介します。詳細は症例集をご参照ください。

無料相談インターネット予約