キービジュアル

銀歯を白い歯にするためには

銀歯(詰め物・被せ物)は保険が適用されるため多くの方が虫歯治療で選択されています。
しかし、見た目金属イオンの悪害二次齲蝕(虫歯の再発)の原因となるため、最近ではセラミック素材を選択される方が増えてきています。

銀歯の弊害

見た目「×

これに関しては特にお伝えすることはないのですが、お口の中の金属色は非常に目立ちます。また、銀歯になっている歯が多いと、「お口の管理ができていない=自己管理ができていない」とみられてしまう場合もあります。

金属イオンの「悪害

金属イオンが身体に及ぼす影響は人によって様々ですが、場合によっては金属アレルギーによる発疹(ほっしん)が起きることがあります。
また、金属イオンが歯茎に沈着することによって、歯と歯茎の境目に黒い線ができてしまうブラックラインも金属イオンの弊害の一つです。

虫歯「再発」の可能性

歯と被せ物の間には目に見えない「隙間」がどうしても生じてしまいます。この隙間から虫歯菌が入り込み虫歯が再発することがよくあります。この隙間を最小限に抑えるためのテクニックを駆使して審美歯科治療は行われます。

症例をご紹介

case1セラミックインレー(セラミックの詰め物)

ドクターからのコメント

銀歯のつめ物を、セラミック素材のつめ物に差し替えた症例です。どの歯が治療した歯なのかが分からないと思います。また、ヤニが歯の裏側に付着していましたので、この部分はPMTCと呼ばれるクリーニングにより除去されています。

case2セラミックインレー(セラミックの詰め物)

ドクターからのコメント

お口の中の銀歯すべてをセラミック素材のつめ物に置き換えました。最近ではメタルフリー治療などと呼ばれており、体の健康を考えメタルフリー治療を希望される患者様が増えてきています。

case3セラミッククラウン(セラミックの被せ物)

ドクターからのコメント

銀歯の被せ物を取り外し、セラミックの被せ物に置き換えました。写真では見えずらいですが、銀歯以外の部分の歯にもセラミックの詰め物を用いて治療しています。以前まではセラミック素材を奥歯に使うことは強度の問題で不安があったのですが、「ジルコニア」という素材をフレームに使うことで奥歯にも天然歯のような白い歯を表現することが可能になりました。

case4セラミッククラウン(セラミックの被せ物)

ドクターからのコメント

下顎の奥歯の銀歯をセラミック素材に置き換えました。咬み合わせに少し問題がある方でしたが、事前の診査・診断に基づき、被せ物を入れることで調整を行いました。

審美歯科治療で利用するセラミックには複数の種類があります。
詳しくはこちらをご参照ください。

セラミックの種類・料金

料金表

費用に関しては料金表をご参照ください。

症例集

当院で治療した症例をご紹介します。詳細は症例集をご参照ください。

無料相談インターネット予約